トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 虫歯治療 » 【当院の虫歯治療の特徴】できるだけ歯を削らないために

【当院の虫歯治療の特徴】できるだけ歯を削らないために

できるだけ歯を削らないために歯を抜かれたい人、歯を削られたい人はいないと思います。だからこそ、できるだけ歯を抜かない、削らない治療をしたいと考えています。

削るために神経をとってしまった歯は、天然歯に比べて寿命が短くなってしまいます。

「歯は削れば削るほど寿命が短くなる」と言っても過言ではありません。できるだけ削らなくてもすむように、早期発見と予防のための定期検診にぜひご協力ください。

ただし「歯の安楽死」を考えたほうが適切かつ安全な場合も
ただし、高齢者の方の中には、抜くことによって「歯の安楽死」を考えたほうが適切かつ安全な場合もあります。「細菌の温床となってしまいやすい悪い歯がなければ、誤嚥性肺炎の危険性が軽減される」というようなケースです。

どのような場合でも、治療して温存した場合と抜歯した場合、それぞれのメリットとデメリットなどをしっかりご説明します。

結果的に抜歯となったとき、「抜かれた(抜かれたくなかったのに・・・)」と感じるのではなく、「抜いてもらった(抜いてもらってよかった)」と思っていただけるよう、努力いたします。


トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 虫歯治療 » 【当院の虫歯治療の特徴】できるだけ歯を削らないために



TOP