成増の歯科・歯医者【成増北口通り歯科】トップへ » 私たちの5つのコンセプト » インプラント治療 » 当院のインプラントの強み

当院のインプラントの強み

ノーベルクリニシャンインプラント手術における最も重要なポイントは、インプラント体を埋入するとき、向きや位置、深さなどを少しのズレもなく、必要な場所に正確に打ち込むことです。

そのために当院では、最初に必ずCT撮影を行い、その撮影データをもとに、ノーベルバイオケア社のシミュレーションソフト「ノーベルクリニシャン」を用いて、欠損部の骨の状態・血管・神経の位置などを精査し、適切なサイズのインプラント体を選択します。

また、最適なインプラント体を選択すると同時に、上部構造の形・位置を事前に設計して、インプラント体の埋入角度・位置などを決定します。さらには、このシミュレーションソフトで作成したデータからサージカルテンプレートを作成して「ガイデッド・サージェリー」を行うことで、より安全かつ迅速なオペを実現します。

ガイデッド・サージェリーとはガイデッド・サージェリー
ガイデッド・サージェリーとは、ガイド(サージカルテンプレート)を用いてインプラント埋入オペを行うことです。

CTで得られた情報をもとに、インプラント埋入プランニングソフトウェア(当院ではノーベルクリニシャンを採用)で正確なシミュレーションを行うことによって、最小限の切開で済むミニフラップにて埋入します。(一部の症例にて歯肉のみにパンチングして埋入するケースもあります)

あらかじめ歯型を取った上でガイドを作成するため、埋め込む位置のズレがほとんどなく、安全かつ正確にインプラントを埋め込むことが可能です。また、通常では歯肉を大きく切開せざるを得ないようなケースでも最小限の切開で行うことが可能となり、痛みや腫れも抑えることができます。


トップへ » 私たちの5つのコンセプト » インプラント治療 » 当院のインプラントの強み



TOP