成増の歯科・歯医者【成増北口通り歯科】トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 口腔外科 » 歯を残す、抜かないために行う治療

歯を残す、抜かないために行う治療

歯根端切除術口腔外科
失活歯(神経をとった歯)の根尖に、歯根嚢胞という膿の袋のようなものができることがあり、これがある程度大きくなってしまうと根っこの治療だけでは治らなくなります。この場合、外科的に嚢胞を摘出し、同時に原因となっている根の先端を切除し、セメントなどで根の先を封鎖します。
※歯根嚢胞は放っておくと、少しずつ大きくなり、原因歯や隣在歯も残せなくなることもあります。

ヘミセクション・トライセクション
上顎の奥歯は根っこが3本、下顎の奥歯は根っこが二本あります。そのうちの一根が深い齲蝕や破折などで残せない場合、不良部位を切削器具で分割・抜去し、健全な部位を残すことができます。分割した歯は強度的に弱くなりますので、隣在歯と補綴物にて連結させます。

外科的挺出(エクストリュージョン)
残根状態の歯を保存させる時、健全歯質が歯肉や歯槽骨の下に存在する場合に補綴処置を行って保存を試みても、深い歯周ポケットが形成され予後がよくない場合が多くあります。補綴処置の前に、残根を歯肉縁上に牽引し、その後2~3か月固定したのちに補綴処置を行うことで、こうした問題を解決することができます。

歯牙移植
虫歯や破折などで歯を残せなくなった場合、抜歯と同時に位置異常で機能していない歯や親知らずなどを同部位に移植します。


トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 口腔外科 » 歯を残す、抜かないために行う治療



TOP