成増の歯科・歯医者【成増北口通り歯科】トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 口腔外科 » 主な治療内容

主な治療内容

顎関節症口腔外科
普段から口が開けにくい、顎関節に痛みがある、顎の筋肉の疲労感などの症状が特徴です。薬物療法(筋肉をリラックスさせるお薬、鎮痛薬)、運動療法、スプリント療法(就寝時にマウスピースを装着する)を組み合わせて治療を行っていきます。

埋伏智歯抜歯(親知らずの抜歯)
顎が小さいため、横になった状態で骨の中に埋まっている親知らず(水平埋伏智歯)はメスで歯肉を切開して、専用の器具で少しだけ骨を削り、歯をいくつかに分割して抜きます。
※顎の中を走る下歯槽神経という太い神経と親知らずの一部の距離が近い場合、CT撮影を行う場合があります)

粘液嚢胞
唇を咬む癖がある方にできやすく、透明でやや弾性のある塊りです。潰してもすぐに再発して、徐々に線維化して固くなる特徴がありますので、原因となっている小唾液腺ごと取り除きます。


トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 口腔外科 » 主な治療内容



TOP