成増の歯科・歯医者【成増北口通り歯科】トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 矯正歯科 » 子供の咬合誘導(第1期矯正治療)

子供の咬合誘導(第1期矯正治療)

子供の咬合誘導第1期矯正治療は、急激な骨格変化が現れる成長期に入る前、年齢的には5~9歳前後のお子さんだけに可能な治療法です。この時期のお子さんの骨格は成長途上なので、治療によって成長を促進・抑制することで、成長期に起こり得る骨格のゆがみや大きさの問題を予防・改善することができるのです。

治療によって永久歯が生えてくる隙間を確保することで、歯並び悪化の防止を行いますが、これは第2期治療が必要になった場合でも、歯を移動させる隙間を作るために健康な永久歯を2~4本抜歯したり、外科矯正したりといった、成人の矯正で行われがちな方法を取らずに済む可能性を大いに高めることにつながります。さらには、第1期治療で骨格の問題が改善されていると、第2期治療では、より完成度の高い治療が可能となります。


トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 矯正歯科 » 子供の咬合誘導(第1期矯正治療)



TOP