成増の歯科・歯医者【成増北口通り歯科】トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 矯正歯科 » 第2期治療について

第2期治療について

第2期治療第2期治療は、永久歯が生え揃った後(あごの成長が終わった後)に行います。年齢的には中学生以上が対象です。

上下すべての歯にブラケットとワイヤーを装着して全体の噛み合わせを改善し、見た目も美しく整えていく仕上げの治療となります。基本的には成人の矯正治療と同じ内容で、治療期間は1年半~2年半程度です。

ただし、成長期に第1期治療を行うことによって、第2期治療が不要になるケースもあります。また、第2期治療が必要になったとしても、第1期治療で歯並びが修正されていれば、永久歯が生え揃ってから矯正を始めた場合と比較して、矯正治療の終了年齢はより早くなります。
※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からのスタートになります。


トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 矯正歯科 » 第2期治療について



TOP