成増の歯科・歯医者【成増北口通り歯科】トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 矯正歯科 » 使用する装置

使用する装置

機能矯正装置(あごの骨を発育させる装置)機能矯正装置
乳歯のみの時期から永久歯への生え変わり初期に使用する、骨格を成長させるための装置です。入れ歯と同じようなプラスチックのプレートでできた取り外し可能な本体に、スクリューやスプリングがついた構造になっています。このスクリューを回すことでプレートが変化し、その負荷でゆっくりとあごを拡げ、歯を動かし、歯並びをきれいにしていきます。

リンガルアーチリンガルアーチ
永久歯が生えるスペースを確保し、成長をコントロールする装置です。まず歯の裏側に細いワイヤーを沿わせて奥歯に着けたバンドで固定し、ここにさらに細いワイヤー(弾線)を装着して、その弾力で歯を動かします。永久歯への生え変わり中期~生え終わり完了期に、1~4本ぐらいの歯を内側から外に押し出したり、歯を前後に動かしたりするときに使用する装置で、歯の裏側に位置するのでほとんど目立ちません。


トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 矯正歯科 » 使用する装置



TOP