成増の歯科・歯医者【成増北口通り歯科】トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 矯正歯科 » 小児矯正のQ&A

小児矯正のQ&A

Q1 いつ頃から始めればいいの?
A1
6歳頃から始めるのが理想ですが、お子さんの成長には個人差がありますので、前歯の生え変わりが始まったタイミングを目安に、「いつ頃から矯正治療を始めるべきか」を歯科医師にご相談ください。また、受け口の治療は早期治療が肝心なので、永久歯への生え変わり前に一度ご相談ください。

Q2 大人になってからの歯列矯正と何か違うの?
A2
大人の歯列矯正の場合は、健康的な永久歯を抜いて、歯を移動させる隙間を確保しないと歯並びを治せないことがあります。しかし、子供の頃からの治療の特徴として、「骨格の成長をコントロールできる」「永久歯の生え変わる場所を予め確保できる」などが挙げられ、ほとんどの場合で歯を抜かずに治療を終えることができるのが最大のメリットです。ただし、成人矯正よりも治療期間が長くなるというデメリットもあります。

Q3 保険治療はできないのでしょうか?
A3
矯正治療は基本的に自由診療となりますので、保険治療の対象外です。しかし、発育を阻害するような不正咬合の場合は、矯正治療が必要と認められれば治療費・交通費などが医療費控除の対象となります。

Q4 矯正装置が目立つことに抵抗があるのですが…
A4
乳歯から永久歯への生え変わりが完了するまでの第1期治療では、取り外し式の装置、もしくは歯の裏側に装着する装置を使用しますので、あまり目立ちません。

第2期治療では、歯の表面に装着するブラケットやワイヤーといった装置を使用しますが、第1期治療で前準備が済んでいれば第2期の治療期間は通常より短くなります。また、装置自体も、従来の矯正治療では、「ギラギラとした金属製の装置」が主流でしたが、近年では半透明で見えにくいセラミックや、透明なプラスチックを使用した物もお選びいただけます。

Q5 相談したら必ず治療しなくてはいけないのでしょうか?
A5
そのようなことはありません。お子さんの歯の現状と治療方法について説明させていただきますが、治療を行うか否かは保護者の方や患者さんご自身に決めていただくことです。安心して、どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。


トップへ » 私たちの5つのコンセプト » 矯正歯科 » 小児矯正のQ&A



TOP