成増の歯科・歯医者【成増北口通り歯科】トップへ »院長紹介

モットーは「患者さんの立場に立った治療」

医師である自分にとっては「数多くの患者さんの中のひとり」であっても、その患者さんにとって「医師」というのは「頼れる唯一の存在」です。ですので、常に真摯に患者さんと向き合いながら治療を行なうことを心がけるようにしています。

院長紹介
私の場合、歯を抜いた時には必ず「抜いた歯を持って帰りますか?」と患者さんに尋ねるようにしています。患者さんにとっては歯は「身体の一部」なのですから、愛着をお持ちの方もいらっしゃるかも…と思うからです。

もちろん、「いりません」とおっしゃる方も少なくはありませんが、考え方は人それぞれに違うのが当たり前です。違っているのが当たり前だからこそ、「何も聞かずに処理する」のではなく、どんな場合においても「尋ねる」「コミュニケーションをとる」ということを大切にするようにしています。

丁寧な説明を行なっています

院長紹介「話をする、説明する」「コミュニケーションをとる」ことの大切さは、相手がお子さんであっても同じです。だから私は、大人の患者さんにもお子さんにも、粘り強く、必要であれば何度でも同じ話をします。

ただ、世間的には、説明をないがしろにしてしまっている歯医者も少なくないと感じています。限られた時間の中で多くの患者さんを見なければならないという、経営的な背景も影響しているのかも知れません。

また、大学を卒業したばかりであっても、すぐに「先生」と呼ばれる立場になるため、そういう状況に胡座をかいてしまう人も多いのかも…。でも、僕はそうはなりたくない!と強く思っています。

歯医者になった理由

院長紹介私は、高校までは完全に「勉強ギライ」でした。将来何になりたいか…を考えた時も、親が医療系だったことから「医療系に行って手に職をつければ食いっぱぐれることはないかな?」と思って、とりあえず歯科技工士の学校に行った…という感じだったのです。

ところが、この学校に入学して思ったのです、「歯科の勉強って面白い!」-と。モノを作ったりするのが好きだったこともありますが、「一般教養じゃない勉強というのは、こんなにも面白いのか!」と目から鱗でしたね(笑)。

一度就職後、歯学部に入り直す
歯科技工士の学校を2年間で卒業した後、一旦は就職したのですが、「もっと学びたい!」という気持ちが強くなり、そこから猛勉強を始めて翌年には大学へ進学。年齢からすると3浪したのと同じですね(笑)。

その後大学院にまで進んだ理由もやはり、学生時代の勉強が面白かったから…ということに尽きます。

大学生時代にアジア・オセアニア地域歯学部学生の国際交流の勉強会と出会い、日本全国、アジア、オセアニア地域の歯学部学生とのネットワークが作れるようになったり、論文を読む勉強会に参加させてもらったり。こういったことが契機となって大学院に進み、今に至っています。

将来の夢について

院長紹介私が目指しているのは、地域密着の歯科医院がメイン。人と人とのつながりが強く、コミュニケーションも綿密で…自分の性格に合っていると思っています。

また、弟が内科医なので、高齢者の方々の全身管理などにおいてのコラボレーションができたら…とも考えています。

この地域に暮らすご家族、例えば、お父さんとお母さんを中心に、お子さんがいて、おじいちゃんやおばあちゃんがいて…というファミリー全員の「かかりつけ医」のような存在となり、皆さんと笑い合いながら、地域に根ざした治療を行なって行きたいと思っています。

プロフィール

院長紹介成増北口通り歯科/塩原 康弘 (しおばら やすひろ)

【経歴】
2004年3月 鶴見大学歯学部卒業
2008年3月 大学院(高齢者歯科)卒業
2008年4月年から2012年6月 一般開業医勤務
2012年8月 成増北口通り歯科開院

歯科医師、歯学博士(高齢者歯科)2008年
歯科技工士免許取得 1997年

【所属学会】
日本老年歯科医学会、日本補綴歯科学会

【趣味】
格闘技、ロッククライミング、釣り

関連ページリンク

私たちの5つのコンセプト
虫歯治療歯周病治療小児歯科治療予防歯科入れ歯治療審美歯科治療
インプラント治療口腔外科矯正歯科
症例実物を見て選べる詰めもの、被せ物料金表医療費控除

院長紹介
スタッフ紹介院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

歯のトラブルなら、ぜひご相談ください!

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ »院長紹介



TOP