トップへ »私たちの5つのコンセプト »虫歯治療

【当院の虫歯治療の特徴】痛みの少ない治療のために

歯医者の麻酔注射が苦手な方も多くいらっしゃるかと思います。当院では、まずは表面麻酔をきちんと用いることを徹底。また、注射の際には、やさしく、ゆっくりと麻酔液を注入するなど、痛みをやわらげるための注意や努力を怠らないよう心がけています。

痛みの少ない治療のために

また、麻酔針に関しては、非常に細い麻酔針を使用いたします。鍼灸治療に行かれた方はおわかりかと思いますが、極細の針を使えばほとんど痛みを感じることはありません。「痛みが苦手」という方は、ぜひご相談ください。

【当院の虫歯治療の特徴】できるだけ歯を削らないために

できるだけ歯を削らないために歯を抜かれたい人、歯を削られたい人はいないと思います。だからこそ、できるだけ歯を抜かない、削らない治療をしたいと考えています。

削るために神経をとってしまった歯は、天然歯に比べて寿命が短くなってしまいます。

「歯は削れば削るほど寿命が短くなる」と言っても過言ではありません。できるだけ削らなくてもすむように、早期発見と予防のための定期検診にぜひご協力ください。

ただし「歯の安楽死」を考えたほうが適切かつ安全な場合も
ただし、高齢者の方の中には、抜くことによって「歯の安楽死」を考えたほうが適切かつ安全な場合もあります。「細菌の温床となってしまいやすい悪い歯がなければ、誤嚥性肺炎の危険性が軽減される」というようなケースです。

どのような場合でも、治療して温存した場合と抜歯した場合、それぞれのメリットとデメリットなどをしっかりご説明します。

結果的に抜歯となったとき、「抜かれた(抜かれたくなかったのに・・・)」と感じるのではなく、「抜いてもらった(抜いてもらってよかった)」と思っていただけるよう、努力いたします。

【虫歯治療について】虫歯の進行状態と具体的な治療方法

Co(シーオー:初期う蝕、要観察歯)虫歯の進行状態
まだ穴があいていたり、黒くなっていたりしませんが、歯が溶け始めて虫歯が始まっている状態です。

【治療方法】
フッ素入りの歯磨き粉を使ってきちんと歯磨きをすることで、再石灰化させることが可能

C1(エナメル質う蝕)虫歯の進行状態
虫歯菌によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。

【治療方法】
必要最小限削り、保険適用内の白い詰め物を入れる

C2(象牙質う蝕)虫歯の進行状態
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態なので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

【治療方法】
-虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了
-虫歯が歯の深部まで広がっている場合は患部を削り、詰め物を製作して装着

C3(神経まで達したう蝕)虫歯の進行状態
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで到達した状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が壊死ししてしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

【治療方法】
-根管治療が必要。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除く

C4(残根状態)虫歯の進行状態
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。

【治療方法】
-ここまで進行すると抜歯するケースも
-治療可能な歯質が残っていれば、根管治療となる

関連ページリンク

私たちの5つのコンセプト
虫歯治療歯周病治療小児歯科治療予防歯科入れ歯治療審美歯科治療
インプラント治療口腔外科矯正歯科
症例実物を見て選べる詰めもの、被せ物料金表医療費控除

院長紹介
スタッフ紹介院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

歯のトラブルなら、ぜひご相談ください!

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ »私たちの5つのコンセプト »虫歯治療



TOP