トップへ »私たちの5つのコンセプト »歯周病治療

【歯周病についての考え方】歯周病の基礎知識

近年の厚生労働省の調査によると、「日本人の成人の約8割が歯周病に感染している」との報告もあり、歯周病はもはや、国民病のひとつといえます。

歯周病
その歯周病の主な原因は細菌です。お口の汚れや歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなり、細菌の温床になってしまいます。

細菌によって歯肉が炎症を起こし、それが歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯根膜や歯槽骨までが細菌によって溶かされ、歯を支えきれなくなってきます。つまり、治療をせずに放置しておくと、最終的に歯を失ってしまうのです。

歯周病は、静かに進行していく病気
歯周病は、感染していても症状を感じにくく、静かに進行していく病気です。特に初期段階では、これといった症状がほとんどありません。そのため、自覚症状が現れたころには、歯の周りの組織が細菌によってかなり破壊されていて、手遅れになってしまうケースがほとんど。そうなる前に、早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守りましょう。

こんな方はぜひ歯周病治療を
・歯ぐきから血が出る
・歯肉が腫れている
・口臭が気になる
・歯ぐきがやせて、歯がグラグラしている

歯周病と全身疾患との関係

歯周病歯周病は、歯がグラグラしてきて抜ける「歯の病気」です。しかし最近、歯周病と全身的疾患との関係が指摘され始めてきました。

◆誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)との関係
寝たきりやご高齢で抵抗力が落ちていると、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

◆早産や低体重児との関係
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回り、羊水にまで影響。その結果、早産と低体重児の原因となることがわかっています。

◆心臓発作(心筋梗塞)
重度の歯周病は、歯周病菌が血管内にまで入り込み血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されていて、それが心臓の血管を詰まらせ心臓発作を引き起こすとされています。

◆歯周病と糖尿病
“糖尿病の人は歯周病に対する抵抗力が弱く、歯周病に感染しやすく進行も早い”と言われています。歯周病菌が糖代謝のコントロールに影響を及ぼし、血糖値のコントロールが難しくなります。

歯周病の進行と治療方法について

歯肉炎
歯と歯ぐきの間にある溝にプラーク(歯垢)がたまってしまうことによって、歯ぐきに炎症が起きてしまうのが歯肉炎です。たまったプラークと炎症で溝が広がり、歯周ポケットができます。

【治療】
-ブラッシングによりプラークをとる
-歯石がついている場合は歯石を除去
-より治療効果を高めるために、歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCも有効
※歯肉炎や歯周病を早期発見するために3か月に1度の定期検診をお受けください

歯周病の進行軽度歯周炎
歯周炎が進行して、歯周ポケットが3~4mm程度になった状態です。歯周ポケット内にプラークや歯石がたまり、さらに炎症が広がることで、歯ぐきの色は赤みを帯びてきます。

【治療】
-ブラッシングにより歯ぐきを改善
-スケーリングによる歯石の除去や、歯ぐきの中のルートプレーニング
-歯科衛生士による、専門的な歯のクリーニングPMTCも有効

歯周病の進行中等度歯肉炎
炎症がかなり進み、歯周ポケットが4~6mm程度とより深くなってしまった状態です。歯を支える歯槽骨の吸収も進行し、歯を指で押すと動きます。中等度歯肉炎の段階では、歯ぐきの腫れや出血など自覚症状が現れます。

【治療】
-ブラッシングにより歯ぐきを改善
-スケーリングによる歯石の除去や、歯ぐきの中のルートプレーニング
-歯科衛生士による、専門的な歯のクリーニングPMTCも有効
-歯肉炎が重症の場合は、歯周外科を行うケースも

歯周病の進行重度歯肉炎
中等度歯肉炎よりもさらに歯肉炎が進行し、定期的に歯ぐきが腫れ、強い痛みが現れる状態です。

【治療】
-完治させるのは非常に困難
-歯を保存できる状態であれば、歯周外科手術、再生療法を
-残念ながら、抜歯となる場合も

大切な歯を失わないためにも、ぜひ歯の定期検診をお受けください。

【歯周病コラム】効果的な歯磨き方法とは?

知っていますか?実は「歯磨き方法」は10数種類と数多くあります。

歯磨き方法は大別すると、

-歯ブラシの毛先を使う方法
-毛の脇腹を使う方法

に大別されます。

一般的に毛先を使う方法は歯垢の除去効果が高く、脇腹を使う方法は歯肉に対するマッサージ効果が期待できると言われています。

それではここで少し、ブラッシング方法の種類についてご説明いたします。

横みがき
歯ブラシの毛先を歯面に垂直に当て、横(近遠心方向)に歯ブラシを動かす。歯肉退縮や楔状欠損を生じやすく、しかも歯と歯の間(隣接面部)の清掃効果が悪いため、あまり推奨されない。

縦みがき
歯ブラシの毛先を歯面に垂直に当て、縦(垂直方向)に歯ブラシを動かす。比較的歯の間(隣接面部)の清掃は良いが、歯肉退縮や歯肉の擦過傷を生じやすいので、あまり推奨されない。

バス法
Bassが1954年に発表した方法であり、歯面の汚れの他に歯肉溝や歯周ポケットの内容物の除去を目的として考案された。この方法では歯ブラシの毛先を歯軸に対して45度に当て、毛先を歯肉溝の中に入れて横(近遠心方向)に振動する。この時、歯に近い毛束部の毛先を歯肉溝や歯周ポケット内に入れ、他の毛束が歯面に当たるようにすることが大切である。

フォーンズ法
Fonesが1934年に発表した方法であり、別名描円法(circular method)ともいう。唇頬側歯面を上下顎同時に磨く方法。歯面に歯ブラシを垂直に当て、切端咬合の状態で上下顎最後方歯から大きく円を描くように1歯ずつ近心方向にずらしながら磨く。歯垢の除去効果は非常に良いが、小さく円を動かすと縦みがきになる危険がある。舌口蓋側は横みがきを行う。

スクラッビング法
頬側では歯ブラシを歯面に対して垂直に当て、毛先はわずかに歯肉に触れる程度にし、主に毛先を横(近遠心方向)に移動させて磨く。

ブロッティング法
Philipsが1972年に発表した軟毛歯ブラシを用い、歯ブラシの毛束部の毛細管現象を利用して、歯肉溝や歯周ポケットの内容物、歯面の汚れおよび舌苔などを吸い取る方法である。歯ブラシの動かし方は、バス法、スクラッビング法と同様に横(近遠心方向)である。

1本ずつの縦みがき
石川によって提唱された1歯ずつの縦磨きを丁寧に歯面と辺縁歯肉に対して行う方法である。歯垢の除去と歯肉のマッサージ効果を兼ね備えた方法であり、歯列不正のある場合などに効果的である。

ゴットリーブ法
この方法は歯ブラシを縦に使うか、横に使うかによって1歯単位にも数歯単位にも行うことが出来る。例えば、1歯単位の方法で上顎中切歯の唇側を行うとすれば、歯ブラシをラバーチップに見立てて、毛先が咬合面に45度になるようにあてがう。この45度とは毛先が歯冠方向に傾いていることで、根尖方向に向けてはならない。もし誤れば歯間乳頭を毛先で傷つけてしまう。

チャーターズ法
歯ブラシの毛先を歯冠側に向け、歯ブラシを歯軸と45度に傾斜させて歯面に当てる。歯面を圧迫しながら根尖方向に歯ブラシをずらし、毛先が辺縁歯肉に当たったところで歯ブラシの柄を小さく回転させ、歯軸に直角な加圧刺激を加えて歯肉をマッサージしながら歯ブラシを歯肉と歯から離す。歯肉の擦過傷を起こしやすく、また行い難いという欠点がある。

ローリング法
歯ブラシの毛先を根尖方向に向け、歯ブラシの毛束が歯軸とほぼ平行になるようにして歯ブラシを辺縁歯肉と歯面に当てる。この位置で歯肉がわずかに白くなる程度に歯肉を圧迫してマッサージを行い、次に毛先を回転しながら歯ブラシを歯冠方向にずらして歯面を磨く。一般的によく行われる方法であるが、歯頚部歯面の歯垢の除去効果は悪い。

スティルマン法
Stillmanが1932年に発表した方法である。歯ブラシの当て方はローリング法と同じであるが、歯ブラシの毛先を根尖方向に向け、毛先が辺縁歯肉と歯面に当たった位置で数回加圧振動を加える。マッサージ効果を期待する方法である。

スティルマン改良法
スティルマン法は歯垢の除去効果があまり期待できないので、ローリング法にスティルマン法の加圧運動を加えた方法である。

フィジオロジック法
チャーターズ法によく似た方法である。歯ブラシの当て方はチャーターズ法と同じようにし、食物が流れるように歯ブラシを動かし、歯を掃くように磨く。

電動歯ブラシ
手用はブラシと比較すると値段が高く、しかも持ち運びに不便であるという欠点がある。ブラシ部分の動きから、偏心運動型、水平運動型、回転運動型、振動型に分類される。また、電動歯ブラシの歯垢の除去効果は、過去の研究より、回転運動型のみ手用歯ブラシより多少の除去効果はあるものの、その他はほぼ同程度かそれ以下である。

関連ページリンク

私たちの5つのコンセプト
虫歯治療歯周病治療小児歯科治療予防歯科入れ歯治療審美歯科治療
インプラント治療口腔外科矯正歯科
症例実物を見て選べる詰めもの、被せ物料金表医療費控除

院長紹介
スタッフ紹介院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

歯のトラブルなら、ぜひご相談ください!

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ »私たちの5つのコンセプト »歯周病治療



TOP